ページの先頭へ戻る

選挙と役員

役員一覧

北九州商工会議所 第20期役員名簿

沿革・組織

選挙と役員

商工会議所には、最高意思決定機関として議員総会があり、この議員総会を構成する議員(当会議所では150名)は3年に一度、会員および特定商工業者による選挙・選任によって選出されています。

議員は次の3区分になっています。

※表は横スクロールできます。

1号議員 会員及び特定商工業者の投票によって選挙する。(定数76名)
2号議員 業種ごとに設置されている部会がその所属会員のうちから選任する。(定数52名)
3号議員 会頭が常議員会の同意を得て会員のうちから選任する。(定数22名)

また、議員と同様に会議所役員及び部会の役員の選任も同時に行われます。
役員の構成については「沿革・組織」をご覧ください。

議員総会

商工会議所は、前述の選挙で選任された議員で構成される議員総会をおくことが義務付けられています。
議員総会は、商工会議所の内部的な最高意思を決定するための必要機関です。
議員総会には年2回開催する通常総会と、必要に応じて開催する臨時総会とがあります。

常議員会

商工会議所の最高意思決定機関は議員総会ですが、社会情勢のめまぐるしい変化に即応する業界の意思を反映し、事業その他を適正かつ迅速に処理するため、議員から選任した常議員を中心として構成する常議員会(56名)があります。
常議員会は、常議員(定数50名)のほかに正副会頭、専務理事をもって構成しています。