ページの先頭へ戻る

「第23回ブランチリーダーの会」を開催

日明浄化センターとウォータープラザを見学しました

北九州市の下水道事業について学びました

 「第23回ブランチリーダーの会」は3月7日、日明浄化センターとウォータープラザを見学し、21人のブランチリーダーのみなさんにご参加いただきました。
 初めに北九州市の下水道事業についてDVD鑑賞。ミュージアムエリアでは、北九州市で過去に記録した最大雨量をその手で体験できる大雨装置や、実際に下水道管を調査しているロボットなどの展示コーナーを見学しました。巨大なジオラマに最新のプロジェクションマッピングを用いて下水処理について紹介するシアターや水・環境の先進技術・製品の展示コーナーをまわり、参加されたみなさんは写真を撮るなど、興味深く見学していました。その後下水処理施設に移動し、下水が奇麗になる過程の説明を受けました。

bl231.JPG

海水・下水が工業・産業用の生産水になる仕組み

 施設を見学後、ウォータープラザ北九州に会場を移動。ここでは、海水の淡水化と下水を再利用する技術を統合し、飲料水レベルの生産水を省エネ・低コスト・低環境負荷でつくることができ、官民一体となって国内外での事業化に向けた実証研究を進めています。
担当者から施設概要や、下水を処理するMBR膜、海水を処理するRO膜などの説明を受けました。ここで作られた生産水は九州電力(株)新小倉発電所などに産業用水として供給しています。

bl232.jpg

ステーションホテル小倉で懇親会

 見学会の後は、ステーションホテル小倉で和やかに懇親会。会場では名刺交換をしてそれぞれの仕事を紹介し合うなど、交流を深める姿があちらこちらで見られました。恒例の3分間スピーチでは、初参加の方からPRが行われ、盛り上がりました。
 次回ブランチリーダーの会は7月に開催予定です。ご案内を差し上げますので、皆様のご参加をお待ちしています。

ブランチリーダーの会について

担当

本会に参加希望の方はこちらまでご連絡ください。
企画広報課 TEL:093-541-0183