ページの先頭へ戻る

こんにちは会員さん

地元産にこだわり抜いた食材で乾杯

(株)酔笑

代表取締役
矢野裕之さん
飲食業
小倉北区魚町3-4-4-2F
TEL・FAX:093-980-1309
URL : https://suisho.owst.jp

 小倉北区魚町にある「温酒場酔小」。(株)酔笑が運営する同店で昨年11月、「小倉コース」の提供が始まった。最大の特長は「小倉」「北九州」を追求した食材。野菜や魚介類はもちろん、塩やみそといった調味料に至るまで地元産にこだわった。
 代表取締役の矢野裕之さん(42)は横浜市で飲食業の仕事に就き、23歳の時、父の出身地である北九州にやって来た。小倉は矢野さんにとって「社会人としてのアイデンティティーを育ててくれた場所」。仕事で出会った人々が気さくに話しかけてくれたり、お酒に誘ってくれたりと、人と人の密着度の高さが肌に合ったという。
 小倉コースを考案したきっかけは、一昨年9月に店舗が火災に遭ったこと。店の再建に向けて社員とミーティングを重ね、思索するうちに「小倉らしさとは何だろう」と考えた。小倉には地元の名産を一度に楽しめる飲食店がほとんど無く、食文化から「小倉らしさ」を知る場所があってもいいのではないか。「飲食業は、模倣が容易な世界です。しかし、伝統や文化など根付いたものは簡単にまねできない。だったら、小倉や北九州に根付いた「らしさ」を追求してみてはどうだろうかと思いました」
 矢野さんの試みはこれにとどまらない。地元の日本酒を知ってもらうための会や「旦過まちなかBBQ」の開催、小規模農家が自家販売できるための仕組みづくりなど、その取り組みは多岐にわたる。酔笑の経営理念の一つは「社会貢献」。その根底にあるのは「自分を育ててくれたまちに恩返しをしたい」という矢野さんの熱い思いだ。  (2019年3月号掲載)

「小倉焼肉鍋コース」は関門タコの刺し身、小倉カナッペ、小倉肉鍋などを堪能できる

バックナンバー

北商NEWSのご案内

北商NEWS
会報誌「北商NEWS」

北九州の経済情報をいち早くお知らせする機関紙です。原則、毎月10日に発行しています。

掲載は無料です!

掲載を希望される方は企画広報課までご連絡ください。

北九州商工会議所 企画広報課 TEL:093-541-0183

北商ビジネスボード