ページの先頭へ戻る

【予算満了間際です】北九州市中小企業の省エネを促す緊急経済対策事業のお知らせ

北九州市中小企業の省エネを促す緊急経済対策事業

※予算満了が近づいております。予算満了した際は、申請を締め切り、書類の受付ができなくなりますので、あらかじめご了承ください。
 なお、予算満了の報告は当ホームページにてお知らせいたします。

北九州市は、国の方針に基づき緊急経済対策として、市内の事業所へ自家消費型太陽光発電設備、小型風力発電設備、蓄電池や最先端の省エネ機器、電気自動車・充放電器・充電器を導入する中小企業等に対し、費用の一部を補助する事業を実施します。

※令和4年5月9日~7月15日に募集いたしました北九州市中小企業の競争力を生み出す脱炭素化推進事業とは異なる補助金です。ご注意ください。

本事業に係る申請書の受付等の事務手続きは北九州商工会議所が行いますが、新型コロナウイルス感染症対策のため、次の対応と致します。

  1. 申請書類等の作成段階では、電話・FAX・メールによる事前相談をご活用ください。
  2. 申請書の提出は、原則として郵送又は宅配便によるものとします。
  3. 事前相談及び申請書の提出のため来所される場合は、ご自身が①発熱、②味覚・嗅覚の異常及び風邪の諸症状がないこと、③家族や周りの人に①②に該当する人がいないことをご確認いただき、電話で事前予約のうえお越しください。

※事前予約がない場合、お待ちいただくことがあります。
※本対応は、当分の間継続することとしますので、ご協力をお願いします。

北九州市中小企業の省エネを促す緊急経済対策事業案内チラシ

北九州中小企業の省エネを促す緊急経済対策事業補助金交付要綱

事前のご相談受付について

本事業についてご不明な点、申請書の書き方等で分からない事がございましたら、事前相談にてお受けしますので、下記担当者もしくは産業振興課へお電話ください。

1.申請期間・電話応対時間(事前相談等)
 申請書提出及び問い合わせ先

申請期間

令和4720()~令和4年度末(ただし、予算満了時点で終了)

※予算満了した際は申請を締め切り、書類の受付ができなくなりますので、あらかじめご了承ください。

※年度末は特に業務が集中することが予想されます。

 事前チェックも可能ですので早めのご申請・ご報告にご協力をお願いいたします。

電話応対時間(事前相談等)

平日 9:15~12:00、13:00~17:00
※申請書の提出は、原則として郵送または宅配便によるものとします。提出期限にご注意ください。

※申請書提出後、あるいは事業開始後に、機器の納期遅れ等により計画を変更する場合は、事前に下記まで連絡ください。

申請書提出及び問い合わせ先

北九州商工会議所 産業振興課
〒802-8522
北九州市小倉北区紺屋町13-1 毎日西部会館2階
担当:松田(080-1754-5886)、尾川(080-1754-1755)、橋本(090-7027-4445)

※担当者が不在の場合は、産業振興課までお問い合わせください。
TEL:093-541-0185
FAX:093-531-1799
E-mail:syoene@kitakyushucci.or.jp

2.補助対象事業

  • (A)発電、蓄電設備の設置(新設・増設どちらも可)
  • (B)高効率な省エネ機器の設置(新設・更新どちらも可)
  • (C-1)電気自動車及び燃料電池車
  • (C-2)充放電器・充電器で設置する事業が対象です。
  • 上記は(A)、(B)、(C)は単独、あるいは組合せでも補助対象事業とします。

※1生産設備に関するものは基本的に対象外ですが、本事業ではNC旋盤等も対象としていますので判断の難しいものはお問い合わせください。
※2交付決定前に着手(契約・発注等)した事業は対象となりません。

(A) 発電・蓄電設備の設置(新設・増設どちらも可) 自家消費型太陽光発電設備、小型風力発電設備、蓄電池
(B) 高効率な省エネ機器の設置(新設・更新どちらも可) 高効率空調設備、業務用給湯器、高効率ボイラ(木質バイオマスボイラ含む)、変圧器、冷凍冷蔵設備、LED照明(高天井等のHIDランプ更新に限る)、コージェネレーションシステム、遮熱塗料、節水型トイレ、二重サッシ、断熱材、節水型便器、高効率なNC旋盤・マシニングセンター等の製造設備、高効率な炉等の加熱設備、高効率なコンベア等の搬送設備など
(C) 電気自動車関連 電気自動車(EV及びPHV・PHEVを含む)、燃料電池車(FCV)と充放電設備、充電設備

3.補助対象者       

・中小企業基本法第2条に規定する中小企業者及び小規模事業者で市内に事業所を置くもの
・中小企業団体の組織に関する法律第3条第1項各号に掲げる中小企業団体のうち、 
 市長が認めるもの(中小企業で構成する組合など)
・商店街振興組合法第2条第1項に規定する商店街振興組合及び商店街振興組合連合会         
 のうち、市長が認めるもの
・法人税法第2条第6号に規定する法人のうち、市長が認めるもの(医療法人、社会福祉法人等)

業種 中小企業者 小規模企業者
製造業、運輸業その他業種 資本金3億円以下または従業員300人以下 従業員20人以下
卸売業 資本金1億円以下または従業員100人以下 従業員5人以下
サービス業 資本金5千万円以下または従業員100人以下 従業員5人以下
小売業 資本金5千万円以下または従業員50人以下 従業員5人以下
商店街振興組合等
医療法人、社会福祉法人等 従業員300人以下

4.補助対象経費および補助額

(1)補助対象経費

  1. (A)(B)の設置にかかる設備代及び工事費
  2. (C-1)電気自動車及び燃料電池車の購入費
  3. (C-2) 充放電器、充電器購入費と設備代及び工事費

(2)補助額

1.上記1の合計の3分の1以内(国等補助金との併給可)

2.上記2の電気自動車と燃料電池車は1台につき40万円(国等補助金との併給可)

3.上記33分の1以内(国等補助金との併給可ですが、その場合、国等補助金を差し引いた自己負担額の3分の1以内)

※他の補助金と併給する場合、国等補助金を差し引いた自己負担額を対象とします。

合計で3000万円まで。

5.補助対象要件

補助金の申請者は次に掲げる要件を全て満たす必要があります。


(1)工事の施工者が市内事業者であること
(2)市税を滞納していないこと(市長名で交付される納税証明書が必要です)
(3)北九州市暴力団排除条例に抵触しないこと(申請企業、工事の施工者については、役員等名簿をEXCELデータで提出していただきます)

※補助金の交付は、1事業者につき1回です。ただし、過去に「中小企業省エネ設備導入促進事業」及び「次世代エネルギー設備導入促進事業」「中小企業高度エネルギーマネジメント推進支援事業」「中小企業の競争力を生み出す省エネとRE100推進事業」で補助金の交付を受けたことがある事業者も、この補助金の申請ができますが、本年度の「中小企業の競争力を生み出す脱炭素化推進事業」との併用はできません。

6.審査

申請順に申請要件、申請内容について書類審査及び現地確認を行い、補助対象事業者を決定します。

7.提出書類一覧・記入例

正本1部、副本1部(正本をコピーしたもの)の2部を提出ください。
※提出用の2部とは別に、申請者保管用としてもう1部必要です。
※添付書類はA4判に統一してください。

申請時

【記入例】〔第1号様式〕交付申請書

【記入例】〔第1号様式 別紙1〕申請企業概要

【記入例】〔第1号様式 別紙2〕役員等名簿
※書類とEXCELデータの両方が必要です。

【記入例】〔第2号様式〕事業計画書

    申請時チェックシート

    【記入例】振込先金融機関通知書

    計画変更時

    【記入例】〔第5号様式〕計画変更承認申請書

    事業完了後

    【記入例】〔第8号様式〕完了報告書

    【記入例】〔第8号様式 別紙1〕事業報告書

    【記入例】〔第8号様式 別紙2〕経費明細及び予算・決算対照表

    請求書兼領収書

    ※計画変更を行った場合は第8号様式に代えて第8号様式-2の実績報告書を提出してください

    【記入例】〔第8号様式-2〕完了報告書

      8.よくあるご質問(Q&A)

      よくあるご質問を以下に掲載しております。

      よくあるご質問(Q&A)