ページの先頭へ戻る

まちの活性化

当会議所は、北九州市や市内商業者、まちづくり団体などと協力して中心市街地の活性化に取り組んでいます。

 平成20年7月9日、市街地の活性化に向けた具体的な計画を記した「北九州市中心市街地活性化基本計画(小倉地区(黒崎地区)」が「中心市街地の活性化に関する法律」により内閣総理大臣から認定を受け、中心市街地活性化の取り組みがスタートました。この計画を実行するために、当会議所が中心となって小倉地区と黒崎地区にそれぞれ「中心市街地活性化協議会」を設立し、まちに関わる多くの人や企業、行政機関と連携してさまざまな活動をしました。
 平成25年3月で上記計画期間は終了予定でしたが、取り組み中の事業の継続進展と更なる賑わいづくり、事業効果の検証のために計画期間を一年間延長し、平成26年3月で終了しました。
 これまでに築いた協力体制や活性化の機運の高まりを生かし、今後も地域活性化に積極的に取り組んで参ります。

chukatsu1jpeg.JPG

認定中心市街地活性化基本計画の概要

小倉地区

 日本有数の工業地帯の中心である市街地として再開発ビルの整備などにより、 創業支援機能を含めた業務都市機能を強化していくと共に、都市環境や商業の利便性、文化交流にも配慮し、産業空間と都市空間が調和するまちづくりを進める。

黒崎地区

 旧長崎街道の宿場町・黒崎宿の歴史・文化を活かした祭りやイベントなどの開催や、文化・交流拠点地区の整備、駅前商業施設の再生等を行うことにより、同地区へのまちなか居住を促進し、賑わいのあるコンパクトなまちづくりを目指す。

認定基本計画の詳細は北九州市のホームページをご覧ください

北九州市中心市街地活性化基本計画の認定について(北九州市)

小倉地区の取り組み内容はこちらから

小倉都心地区における中心市街地活性化基本計画による取組(北九州市)