ページの先頭へ戻る

労働保険事務組合

労働保険事務組合は、委託を受けた事業所の労働保険の事務処理(保険料の申告や雇用保険の届出など)を、事業主にかわって手続きします。

労働保険事務組合

  • 従業員の入れ替わりが多く、届出の手続きが大変
  • 仕事が忙しくてハローワークや労働基準監督署に行く時間がない

など、お困りの会員さま。煩雑な労働保険の事務処理を、北九州商工会議所の労働保険事務組合へ委託しませんか?

労働保険事務組合への委託

労働保険とは

委託できる中小企業者

※表は横スクロールできます。

使用労働者数業種
常時50人以下 金融業・保険業・不動産業・小売業
常時100人以下 卸売業・サービス業(清掃業、火葬業、と畜業、自動車修理業、機械修理業を除く)
常時300人以下 上記以外の事業

※北九州商工会議所会員で、常時使用する労働者数が以上の事業主であることが条件です

委託のメリット

  1. 労働保険料の申告・納付等の労働保険事務を事業主に代わって処理しますので、事務負担が軽減されます。
  2. 労働保険料は金額に関係なく3回に分けて納付できます。
  3. 労災保険に加入できない事業主及び家族従事者等も労災保険に特別加入できます(特別加入制度)。

※特別加入制度に加入できる方は
【個人事業】事業主・家族従事者など
【法人その他の団体】 代表者・代表者以外の役員など

労働保険事務委託手数料

労働保険事務委託手数料は

(1)労災保険事務委託手数料 + (2)雇用保険事務委託手数料の合計額です。

※下記手数料1、2には、別途消費税がかかります

1. 労災保険事務委託手数料

労災保険料×5%+3,600円
(但し、最低額7,500円、また、建設業は最高額75,000円)

2. 雇用保険事務委託手数料

次の一覧表のとおり

雇用保険事務委託手数料一覧表

※表は横スクロールできます。

被保険者手数料
1~4人 9,000円
5~10人 15,000円
11~15人 17,200円
16~20人 19,400円
21~25人 21,600円
26~30人 23,800円
31~35人 26,000円
36~40人 28,200円
41~45人 30,400円
46~50人 32,600円
51~55人 34,800円
56~60人 37,000円
61~65人 39,200円
66~70人 41,400円
71~75人 43,600円
76~80人 45,800円
81~85人 48,000円
86~90人 50,200円
91~95人 52,400円
96~100人 54,600円

労働保険とは

労災保険と雇用保険を総称したもので、強制適用される保険です。
そのため、労働者を一人でも雇っている事業主は業種のいかんを問わず、必ず労働保険に加入し、政府に保険料を納付しなければなりません。
事業主には職場の「安全配慮義務」があります。労働者が安心して働ける環境作りを心がけなければなりません。

労災保険

労働者が業務上の事由または通勤の途上において負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族の方に必要な保険給付をします。
また、被災労働者の社会復帰の促進など労働者の福祉の増進を図る事業もします。

雇用保険

労働者の失業や雇用の継続が困難となる事由が生じたとき、労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けたときなど生活の安定と再就職促進へ必要な保険を給付します。
また、事業主には労働者の失業予防や能力開発向上、雇用の安定などを図るための各種助成金制度などがあります。

労働保険事務組合とは

労働保険には、保険料の申告・納付手続きや雇用保険の被保険者に関する手続き(労働者の入社、退社時の届出等)等様々な手続きがあり、これらの事務処理を事業主の皆さんに代わって行う厚生労働大臣の認可を受けた団体です。

事務委託をすると労働保険事務組合が事業主の提出した書類をもとに、公共職業安定所や労働基準監督署への事務手続きや労働保険料の申告・納付、および雇用保険の資格取得・喪失等の手続きを行います。

お問い合わせ先

最寄りのサービスセンターまで

このページに関するお問い合わせは…

北九州商工会議所 各サービスセンターまで