ページの先頭へ戻る

こんにちは会員さん

一人ひとりの健康の悩みを解決したい

(株)ヤマノ

代表取締役
山本九州男さん
健康食品製造販売
北九州市小倉北区金鶏町13-24
TEL:093-652-5271
URL: http://www.yamano-life.jp/

 健康食品の製造販売などを手がける(株)ヤマノの代表取締役、山本九州男さんは健康を通して社会に貢献する「健康提案企業」を目指している。創業は1999年。ペルーで商社の支社長をしていた弟、為之さんから薬用植物「マカ」を教えられ、その有効成分の多さに驚いたのがきっかけだった。山本さんは、当時多くのマカ商品が男性向けとして販売されている中で女性の妊活向けにマカ商品のサプリメント(サプリ)の提供を始めた。為之さんも現在はヤマノのペルー現地法人で責任者を務めている。
 今年7月にはストレスや記憶力、疲労などに悩む経営者向けサプリとして、自らの名前を付けた「九州男」の販売を開始。研究を重ね、山本さん自身も使用して、絶対の自信があるからこそのネーミングだ。65歳。元気みなぎる山本さんは「忙しく、疲れた経営者の方にこそ使っていただきたい」。
 山本さんは月に5回、全国各地を回り、自社商品を定期的に使用してくれている人を対象にサプリメント相談会を開催。ドイツ製のサプリメント診断機を使用し、それぞれのお客様に合ったサプリのや種類の提案をしている。お客様からは「家族や友人の相談にも乗ってほしい」と言われることも多い。
 「相談会は、1対1でお客様とお話していますから、普段は話されないお客さまが抱える健康の悩みも聞かせてもらえます。だからこそ、お悩みを解決したいとの思いが強くなるんですね。相談会に来られたお客様には、ヤマノのファンになってもらい、長いお付き合いをしたいですから」
 営業方針も、販売から悩み解決型サービスへ徐々にシフト。「お客様一人ひとりのお体とお悩みに合わせたオーダーメイドサプリの提供を目指したいと思っています」。山本さんはしっかりと将来を見据えている。

お客様の商品の良さをデザインで伝えたい

カワノデザインスタジオ

代表
河野靖弘さん
グラフィックデザイン・広告業
北九州市八幡西区市瀬1-15-20
TEL: 093-612-3557
URL: http://www.kawano-design.com/

 河野靖弘さんは市内の企業や店舗を中心に、商品のロゴや広告、パッケージなどのデザインを通してブランドづくりのお手伝いをしている。学生時代に見た雑誌に強いインパクトを受けて、グラフィックデザインを仕事にしたいと思った。しかし、芸術系の大学で学んだわけではなかったため、営業職として採用された印刷会社で働きながらデザインを独学で学んだ。その後、出版社、デザイン会社でデザイナーとしての経験を積み、2000年にデザイン事務所を開業。京築地域のブランドづくりをはじめ、北九州市内のアパレル企業や飲食店、洋菓子店、美容院、大学などをクライアントに持ち、活躍の場は幅広い。
 お客様との初めての打ち合わせはじっくり話すようにしている。「お客様がどのように販路を拡大したいか、ターゲットは誰か、一緒にブランドづくりに関わります」。口コミやホームページを見ての問い合わせや河野さんのシンプルな作風をイメージしての依頼が多いが、お客様の予想を超えるデザインを心がけている。
 「お客様の商品には必ず良いところがあります。デザインに組み込む要素は最小限にしつつ、商品の良い部分をしっかりと伝えられる表現を提案しています。お客様と消費者とのコミュニケーションを視覚でお手伝いできたら、うれしいです。お客様の売り上げが増えて、北九州市がもっと発展するといいですね」
 例えば、リバーウォーク北九州に店舗を構えるフードセレクトショップ「里山商会KOKURA」のロゴは、お客様へ店のコンセプトを伝えるだけでなく、店舗スタッフとブランドイメージを共有できるツールとなった。ロゴは店頭に大きく掲げられ、まさしく店の看板となった。
 また、デザイナー仲間と「笑い」をテーマにしたポスター展を10月18日から天神イムズで開く。
 河野さんは、これからも人と人を結ぶメッセージをデザインする。

バックナンバー

北商NEWSのご案内

北商NEWS
会報誌「北商NEWS」

北九州の経済情報をいち早くお知らせする機関紙です。原則、毎月10日に発行しています。

掲載は無料です!

掲載を希望される方は企画広報課までご連絡ください。

北九州商工会議所 企画広報課 TEL:093-541-0183

北商ビジネスボード