• 093-541-0181
  • 入会のご案内
ページの先頭へ戻る

バックナンバー

北商NEWSのご案内

北商NEWS
会報誌「北商NEWS」

北九州の経済情報をいち早くお知らせする機関紙です。原則、毎月10日に発行しています。

掲載は無料です!

掲載を希望される方は企画広報課までご連絡ください。

北九州商工会議所 企画広報課 TEL:093-541-0183

北商ビジネスボード

早めの予防で健康な身体づくりを

のうむら整体院

のうむら整体院
整体療法・カイロプラクティック・操体法
北九州市小倉北区中島1-18-28-102
院長
能村一喜さん
URL: http://www3.hp-ez.com/hp/noumuraseitaiin/
TEL/FAX:531-7560
営業時間:平日:9:00~20:30
土曜日:9:00~18:30
日曜日:9:00~13:30(要予約)
定休日:第1・3日曜日・祝日

 肩こりや慢性腰痛などの患者が多く来院する「のうむら整体院」。能村一喜さんが院長を務め、妻の美子さんと2人で経営している。
能村さんは49歳。工場で機械のオペレーターやメンテナンスを行っていたが、38歳の時に整体の道に転職。若い時から空手をしており、捻挫や打撲などけがが多く整体院によく通っていたため、整体にもともと興味があった。
 医療専門学校と戸畑などの整骨院で8年間の修業を経て、3年前に独立。患者の痛みとしっかり向き合って喜んでもらいたいと考え、身体の疲れや痛みに対するリフレッシュとメンテナンスに力を注ぐ。
 能村さんは戸畑の整骨院に勤めていた時、予約が取れないほどの人気だったが、独立後は周知されてないこともあり、患者を増やすのに苦労した。しかし、自らホームページを作成、SNSを活用し親しみやすさをアピールすることで患者は少しずつだが増えてきた。
 患者の症状は一様ではなく、複雑で難しい状況と向き合うことも多い。そのため、勉強会やセミナーにも積極的に参加し、様々な手法を身につけることで整体施術の幅を広げている。
 整体とは代替医療を施すこと。筋肉や骨格などリンパの流れを調整し、健康な身体にすることで免疫を向上させる。「痛める前の予防として早め早めに血液や気の流れを良くし、自然治癒力を高めることが大切です」と能村さん夫婦は語る。
 一人一人の患者から痛みが取れたと感謝されることにやりがいを感じる。「これからも患者の痛みと向きあい、元気で笑顔になれる身体づくりのお手伝いをすることで地域に愛される整体院を目指していきたい」と意気込む。

美と健康を日々追求

(株)ホリスティック・スクール

ヨガ教室・マクロビオティック
北九州市小倉北区高峰町1-22-2F
代表取締役
大丸雅代さん
TEL:581-6545

 代表取締役の大丸雅代さんは病弱だったが、12年前にヨガとマクロビオティックに出会い体質を改善。この経験から健康の素晴らしさを多くの人に伝えたいと10年前に(株)ホリスティック・スクールを開講した。
 指導内容は大きく二つ。一つは依頼者の要望に合わせた体質改善やリラックスをさせる出張ヨガ教室。若返りに効果がある顔ヨガも好評で企業からの依頼が多い。また、指導者育成のためのボディーケアヨガインストラクター養成講座も行っている。
 もう一つはマクロビオティックの料理教室や健康に関する商品のプロデュース。マクロビオティックとは、穀物や野菜、海藻など自然食を中心とする健康的な食事法。ホリスティックスクールは、全国で6カ所しかない西日本唯一の「クシマクロビオティック」の養成認定講習校。健康意識の高い女性が多く受講している。
 「私は健康オタクです」と語る大丸さん。その言葉どおり、アーユルヴェーダ生活指導員、介護食士、カラーセラピストなどの資格や肩書を多く持ち、現在は鍼灸の国家資格を取るため日々勉強中だ。スポーツ鍼灸はスポーツトレーナーの資格も一緒に取らなければならず、取得のハードルは高い。大丸さんはシングルマザー。子育てをしながら、夜は専門学校、その合間に出張ヨガや料理教室を行うなど忙しい毎日を送っている。「受講者が口コミで(ホリスティックスクールの)評判を広げてくれるため、大変感謝しています」
 今後はスポーツ鍼灸の資格を取得し、マニアックかつ専門的にレッスンを深めていきたいと考える。大丸さんの美と健康の追求は止まらない。