ページの先頭へ戻る

こんにちは会員さん

地域と若者に親しまれるレンタカーを

スカイレンタカー九州(株)

代表取締役 山形智生 さん
レンタカー業
北九州市小倉北区浅野2-15-45
TEL:093-967-2256
FAX:093-551-8565
URL : https://www.skyrent.jp/

 JR小倉駅新幹線口から徒歩数分。スカイレンタカー九州(株)小倉駅前店を訪れると、若い人たちが出庫前の車内で談笑していた。代表取締役の山形智生さん(54)が目指すのは、誰もが気軽に安心・安全な車を借りることができるレンタカー会社。特に視野に入れているのは「地域」と「若者」だ。「よく若者の車離れを聞きますが、車に全く興味がないわけではないと思うんです。気軽に乗車してもらって、少しでも興味を持ってもらえるといいですね」
 スカイレンタカー九州(株)は昨年10月、スカイレンタリース(株)の九州部門が独立する形で創業した。特長は1時間単位の時間制貸し出しをしていること。短時間の利用ニーズに対応でき、コスト的に「車に興味はあるけど、購入は……」といった人たちにも、気軽な乗車機会を提供できる。
 さらなる「地域密着型」を目指して
 そろえているのは、すべてリース3年以内の新車。自動ブレーキ機能など安心・安全の機能が付いている。「まずはレンタルで気軽に利用してもらい、ドライブの楽しさを体感したり、自分がどんな車が好きなのかを試したりしてほしいですね」
 今後は北九州空港など観光客が集まるエリアにも出店を考えているほか、リースを終えた車をメンテナンスして中古車販売も検討。車と人々の橋渡し役として、自動車業界を盛り上げたい考えだ。ギラヴァンツ北九州のスポンサーは3季目に入り、地元採用も注力する方針。さらなる「地域密着」会社を目指すつもりだ。

小倉駅前店に並ぶレンタカー

ギラヴァンツ北九州のチーム旗が飾られた小倉駅前店のカウンター

地元産にこだわり抜いた食材で乾杯

(株)酔笑

代表取締役
矢野裕之さん
飲食業
小倉北区魚町3-4-4-2F
TEL・FAX:093-980-1309
URL : https://suisho.owst.jp

 小倉北区魚町にある「温酒場酔小」。(株)酔笑が運営する同店で昨年11月、「小倉コース」の提供が始まった。最大の特長は「小倉」「北九州」を追求した食材。野菜や魚介類はもちろん、塩やみそといった調味料に至るまで地元産にこだわった。
 代表取締役の矢野裕之さん(42)は横浜市で飲食業の仕事に就き、23歳の時、父の出身地である北九州にやって来た。小倉は矢野さんにとって「社会人としてのアイデンティティーを育ててくれた場所」。仕事で出会った人々が気さくに話しかけてくれたり、お酒に誘ってくれたりと、人と人の密着度の高さが肌に合ったという。
 小倉コースを考案したきっかけは、一昨年9月に店舗が火災に遭ったこと。店の再建に向けて社員とミーティングを重ね、思索するうちに「小倉らしさとは何だろう」と考えた。小倉には地元の名産を一度に楽しめる飲食店がほとんど無く、食文化から「小倉らしさ」を知る場所があってもいいのではないか。「飲食業は、模倣が容易な世界です。しかし、伝統や文化など根付いたものは簡単にまねできない。だったら、小倉や北九州に根付いた「らしさ」を追求してみてはどうだろうかと思いました」
 矢野さんの試みはこれにとどまらない。地元の日本酒を知ってもらうための会や「旦過まちなかBBQ」の開催、小規模農家が自家販売できるための仕組みづくりなど、その取り組みは多岐にわたる。酔笑の経営理念の一つは「社会貢献」。その根底にあるのは「自分を育ててくれたまちに恩返しをしたい」という矢野さんの熱い思いだ。

「小倉焼肉鍋コース」は関門タコの刺し身、小倉カナッペ、小倉肉鍋などを堪能できる

バックナンバー

北商NEWSのご案内

北商NEWS
会報誌「北商NEWS」

北九州の経済情報をいち早くお知らせする機関紙です。原則、毎月10日に発行しています。

掲載は無料です!

掲載を希望される方は企画広報課までご連絡ください。

北九州商工会議所 企画広報課 TEL:093-541-0183

北商ビジネスボード