ページの先頭へ戻る

こんにちは会員さん

うどん店 故郷の三ヶ森でもう一度

うどん満月・もつ鍋丸幸((株)五合)

うどん満月・もつ鍋丸幸((株)五合)
代表 岩下 輝(あきら) さん
飲食業
住所: 北九州市八幡西区陣原1-2-7
TEL: 093-616-6664(本社兼「うどん満月」)

(株)五合は「うどん満月」を八幡西区陣原で、「もつ鍋丸幸(まるこう)」を同区穴生で営む。代表取締役の岩下輝さん(41)は、小倉駐屯地で自衛隊員を10年間勤めた後、うどん店を開いた。
 開業のきっかけは自衛隊時代に食べた津田屋官兵衛(小倉南区)のうどん。「食感の良さが他とは違った」と衝撃を受けた。同店で1年間修業し、2008年に「うどん満月」を故郷の八幡西区三ヶ森で開業。はじめのうちは親族や友人に手伝ってもらい、次第に人気店に。駐車場の確保が難しくなったため、2015年に同区陣原へ移転した。
 一方、「もつ鍋丸幸」はもともと、兄の浩二さんが創業。廃業予定だったが「お客様もたくさんいて、私も好きなお店。無くなるのはもったいない」と店を引き継ぎ、2014年から店長を務める。この年に五合を立ち上げた。

帰って地元を盛り上げたい
 岩下さんにとって、故郷であり「うどん満月」開業の地である三ヶ森は特別な場所。「うどん満月」も同じ三ヶ森に移転したかったが、適地が見つからず断念せざるをえなかった。「三ヶ森には今も友達や仕事の先輩・後輩が多く暮らしています。三ヶ森を盛り上げたいという気持ちは変わっていません」と岩下さん。いつかまた三ヶ森に帰りたい――。故郷への熱い思いを胸に、今日も店に立つ。

うどん満月の人気メニュー「ごぼう天ぶっかけうどん」

八幡西区陣原に移転した時の「うどん満月」(2015 年)

ワインでつなぐ ハッピーの連鎖

プレゼントワインショップ®(OFFICE GO SEE)

プレゼントワインショップ®(OFFICE GO SEE)
代表 寺井 剛史(つよし) さん
ワインショップ・飲食コンサルテインング
住 所: 北九州市小倉北区金鶏町9-19
TEL / FAX : 093-234-5454
URL : https://present-wine-shop.derisomu.com/

 ワインの注文を受ける専門職「ソムリエ」は一般的にレストランなど飲食店に専属するが、シニアソムリエ(ソムリエの上位資格)の寺井剛史さん(42)は、飲食店や一般家庭に出張する「デリソム®」(デリバリーソムリエ)として活動。ウェイターとして技能グランプリ全国3位に入賞し、「北九州技の達人」に認定されるなど、「接客のプロ」として活躍している。
 寺井さんは小倉出身。ワインと出会ったのは広島の大学時代で、仏料理店で4年間ウェイターのアルバイトをしたのがきっかけだった。卒業後は広島のホテルに就職し、仏料理の現場に5年間勤務、ソムリエの資格を取得した。2004年に小倉へ戻り独立。飲食店のコンサルティングを手がけたり、デリソムとして活動したりする「OFFICE GO SEE」を開業した。ワインを販売する「プレゼントワインショップ®」も運営している。
 相手の好みに合ったものを提案
 「プレゼントワインショップ®」は「贈り物としてのワイン選び」に特化したお店。「ワインを贈りたいけれど、どれがいいのか分からないという人は多い。受け取った人にも、贈った人にも喜ばれるワインを提案します」と寺井さん。贈る相手の年齢や性格、好きな料理、どんな場面の贈り物か――と質問を繰り出し、相手の好みや場面に合ったワインを選んでくれる。
 「100パーセントのワインを120パーセントにして届けるのがソムリエの仕事。目指すのはハッピーを届けることです。ワインを通じてハッピーの連鎖が生まれたら、とてもうれしいですね」

贈ったワインには特長や込められた意味などが書かれたカードが同封される

1 階はワインの相談ができるスペース、2 階はワインセラーになっている

バックナンバー

北商NEWSのご案内

北商NEWS
会報誌「北商NEWS」

北九州の経済情報をいち早くお知らせする機関紙です。原則、毎月10日に発行しています。

掲載は無料です!

掲載を希望される方は企画広報課までご連絡ください。

北九州商工会議所 企画広報課 TEL:093-541-0183

北商ビジネスボード