ページの先頭へ戻る

西日本工業大学との連携協定を締結

大学との連携で産学官連携を強化

 平成26年11月28日(金)、北九州商工会議所は優秀な若手人材の育成や、地域活性化、中小企業の振興を目的に西日本工業大学と連携協定を締結しました。

 当会議所で開催した締結式には多くのマスコミが取材にかけつけ、新たな連携事業に多くの質問が寄せられました。


20141128-nishikodai.JPG握手を交わす西尾学長(左)と利島会頭(右)

20141128-kaiken.JPG締結式取材の様子

連携協定の概要

 「繁盛するまちづくり」「地場の中小企業・小規模事業者の支援」に取り組む北九州商工会議所と、市内で唯一デザイン学部を擁し「ものづくりとデザインの融合」をキーワードに掲げる西日本工業大学が、それぞれの目標達成を目的に連携事業を展開するため連携協定を締結しました。

  • 北九州商工会議所の情報力や地域企業ネットワーク
  • 西日本工業大学の工学とデザインのシーズ

これら両者の強みを融合して、北九州地域の活性化と地域課題の解決に取り組みます。

協定者

北九州商工会議所 会頭 利島康司

西日本工業大学  学長 西尾一政

連携事項

  1. 地域活性化に関すること
  2. 産学連携に関すること
  3. 地域人材の育成に関すること
  4. 地域のものづくり及びデザインの振興に関すること
  5. その他前条の目的を達成するために必要と認める事項

具体的な取り組み

  • 地域活性化
    (学生のデザイン力を活かした街づくり、学生と企業が連携した活性化事業、など)
  • 各種人材育成、産学連携
    (会員企業のホームページや商品パッケージのデザイン制作協力、大学所有の3Dプリンタなどの機器を会員企業の製品の企画・開発に活用、大学講座へ企業経営者を講師として派遣、など)

今後、上記事業を中心に具体的に事業を展開する予定です。