ページの先頭へ戻る

九州国際大学と連携協定を締結

平成28年7月5日、北九州商工会議所は優秀な若手人材の育成や地域活性化を目指して九州国際大学と連携協定を締結し、記者会見を開催しました。

連携協定の概要

九州国際大学は平成25年に黒崎駅前のコムシティに地域連携センターを設置し、地域と連携した「人づくり」「街づくり」に貢献しています。また、29年4月からは新たに「現代ビジネス学部」を開設する予定です。今後、若者の感性や活力を生かしたまちづくりをめざす当会議所とさまざまな事業を連携して実施します。

kyukoku2.JPG
協定書を手に笑顔の堀田学長(左)と
利島会頭(右)

kyukoku1.JPG
記者会見の様子

記者会見で利島会頭は「付属高校も含めて元気のある九州国際大学と連携できて嬉しい。街のイベントに参加したり地元企業を知ることで、学生が北九州に愛着をもてるようにしたい」と話しました。また堀田学長は「地域に根ざした教育と新たな学部の先進性で、ローカルとグローバル、両方の視野を持った人材を育てたい。商工会議所との連携を深め、地元就職率を高めて地域に恩返しがしたい」と語りました。

協定者

北九州商工会議所 会頭 利島康司
九州国際大学 学長 堀田泰司

連携事項

  1. 地域活性化に関すること
  2. 産学連携に関すること
  3. 地域人材の育成に関すること
  4. 地域振興に向けた研究交流に関すること
  5. その他上記の目的を達成するために必要と認める事項

具体的な取り組み(予定)

  1. 地域活性化事業
    ・八幡・黒崎エリアの商店街、まちづくり団体等の活性化イベントや祭りへの学生の参画
    ・実践的な教育をめざす新学部と協働で、地域や起業の課題解決の一助とする
    ・教授陣と連携して北九州商工会議所や幡多地区議員会や商業者を対象に「街育塾」を開催するなど、八幡エリアの地域活性化研究を通じて活性化の担い手を育成する
  2. 人材育成事業
    ・大学講座への企業経営者等の講師派遣や経営者講演会の開催
    ・大学が養成する人材像に対し商工会議所会員の意見聴取、カリキュラムに対する点検・評価
    ・インターンシップへの協力(商工会議所文系インターンシップ事業の活用)

今後、上記を中心に連携事業を展開する予定です。